あらおの、あらおによる、あらおのためのブログ

このブログは、あなたのためでもなければ、お世話になった恩師のためでもなく、はたまた両親のためでもない、ただの自己満足となっております。

【再報告】ブログ移転させました。このブログはもう消します。

 

120人の読者のみなさんこんにちは、あらおです。

 

と、やや調子に乗った出だしをしてしまいました。笑

 

このたびわたしは、ブログを移転することにしました。

 

移転先はこちら→https://araowoarao.com/

 

新しい記事はもちろん、これまでの爆笑記事も再アップしたりもするので、見に来いや

 

見に来てくれたら幸いです。

 

本気で収益化を目指していくため、ワードプレスに移行しましたが、これまで通りのような旅関連のふざけた記事はもちろん、有益な情報も多く書いてきます。

 

現在は沖縄の離島に移住しており、来年辺りにはニュージーランドジョージアに行き、数年住みたいと思っています。

 

これからも面白い人生を歩んでいく予定なので、ブログ本当に見に来てください。

 

https://araowoarao.com/

 

今のこのブログは、1週間後くらいには消す予定です。

 

これまで見てくれたみなさん、本当にありがとうございました。土下座

 

See you...

 

on next bloghttps://araowoarao.com/

【報告】ブログを移転させました。

 

お久しぶりです、はてなブログ

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

120人の読者がいるこのブログですが、とうとうワードプレスに移転することにしました。

 

これまでのようなふざけた記事も書きつつ、有益な情報も書いていこうと思います。

 

やはりブロガーたるもの収益化を目指したく、ワードプレスに移転することにしたのですが、普通にふざけた記事も書いていきたいのでぜひ見てください。

 

https://araowoarao.com/

 

ここ最近の悩みは、ふざけた文章を書けなくなってしまったことなので、徐々に慣れていきたいと思っています。

 

このブログはしばらくすると消しますが、ワードプレスの方に今までの記事を再アップしていくので、みなさん見てください。

 

(もう一回貼っておこうっと)

https://araowoarao.com/

 

ってことで、頼みます!!!

 

See you...

旅の魅力を再認識した件。

 

毎日更新をやめてから、自分でも引くくらいに更新が止まっていました。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

これからまた、ちょくちょく更新していこうと思います。

 

あと、収益化も目指したいと思い、4ヶ月ほど前にワードプレスでブログを立ち上げたのですが、これまたノータッチのため、そちらも書いていこうと思います。

 

0記事だしログインできるかすら怪しいですが。汗

 

そんなわけで本題に入りますが、実は最近まで、卒業旅行という名目で2ヶ月ほど南米を旅してきました。

 

やはり南米は最高ですね。

 

そして、やはり旅はいいものですね。

 

パタゴニアの景色は物凄く綺麗で、僕が行った中でもトップレベルでした。

https://www.instagram.com/p/Bvz0Y9mHQ-Z/

 

 

二年越しに行ったウユニ塩湖もやはり綺麗でした。

https://www.instagram.com/p/ByHsu0LAJ4S/

 

 

そしてやっぱり、南米の人は最高でした。

https://www.instagram.com/p/Bwy1ALSABib/

 

 

世界一有名な日本人宿とも言われる民宿小林の居心地の良さや、初めて行ったブラジル。

 

さらに、地球の反対側にあるオキナワについて。

 

書きたいことはたくさんありますが、今回は割愛させていただきます。

 

写真に関しては、たくさんインスタ「1234arao」にたくさん載せています。

 

最近フォロワーが1000を行ったり来たりなので、フォローお願いします。笑

 

 

www.instagram.com

 

今回書きたいことは何かというと、旅の魅力です。

 

旅にでると、幸せの基準がいい意味でバチクソに下がるんです、

 

トイレが綺麗なことや、道が舗装されていることで、喜びを感じられるようになるんです。

 

熱々のホットシャワーがでるだけで、心底嬉しく思えるんです。

 

洗濯機や冷蔵庫の偉大さなんて、旅に出なければ到底気づくことはできないと思います。

 

病んでいるわけではありませんが、私は毎日何回も、「あー、幸せだな」と感じます。笑

 

冷静に考えて、エアコン使えるとか、いつでも冷たい飲み物が飲めるとか、フカフカのベッドで眠れるとか、美味しいご飯が食べれるとか、最高すぎません??笑

 

物凄く当たり前の日常に感謝できたり、特別でないことを特別に思えたりできるのは、旅に出たおかげだと思います。

 

海外に行くべきとか、海外に行っている人は偉いとか、そういうことを言いたいわけではありません。

 

でも、高級ブランドを身にまとうより、キャバクラのお姉ちゃんの喜ばすことより、日常の何気ない瞬間を楽しめるほうがずっと良くないですか?

 

旅をすると、おのずと生活水準が下がるため、日常に幸せを感じられるようになると思います。

 

それともう一つ、いい方法があります。

 

私から、幸運の壺を30万円で買ってください。

 

きっと幸せになれます。

 

(私が)

 

See you...

お久しぶりです。

 

絶賛、人生迷子中。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

 

ダラダラと卒論をしながら、2019年を過ごしています。

 

そろそろ呪縛から開放されるので、ブログも書いていきたいと思います。

 

最近では、一日にほんの少しですが、googleやYahooの検索からブログを見てくれる人が毎日います。

 

これが地味に嬉しいものです。

 

ちなみにその記事というものは、googleだと「アメ女から学ぶマーケティング論」

 

araowoarao.hatenablog.com

 

なかなかの悪ふざけの記事ですが、少しは誰かの役に立っているのかもしれません。笑

 

この記事は、まだいいですよ。

 

Yahooからの検索で読まれているのは、「キンタマって、なんでキンタマなんだろう。」です。冷や汗

 

araowoarao.hatenablog.com

 

こんな悪ふざけの極みの記事が、まさか毎日誰かからの検索によって読まれるとは。笑

 

本当に一日10件もいかないようなアクセス数ですが、日本のどこかで誰かが

 

キンタマ なんで」だとか「キンタマ 理由」と検索していると考えると、面白いものです。

 

そして、このブログの存在を知らない友達が、キンタマはなんでキンタマというのか気になり、私のブログに辿り着く。

 

そんな日が来るかもしれないと考えると、なんだか夢のある話です。笑

 

そんなことがくる可能性を信じて、今またブログを更新していこうと思います。

 

不定期にはなりますが更新していくので、今年も宜しくおねがいします。

 

See you...

性格の悪さを存分に発揮しながら、世間への不満をぶつけてみた。

 

「日本人は否定から入るからダメなんだ」

 

という言葉、

 

「絶対なんてことは、絶対にないんだよ」

 

みたいな皮肉が効いていて面白い。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

今日はですね、許せなかった話を書いていきたいと思います。

 

すこぶる口悪いキャラでいこうと思うので、ご了承ください。笑

 

 

これはですね、引っ越しのアルバイトをしていたときの話。

 

そこには、少しデブぽっちゃりの上司がいました。

 

その人はデブなのでもちろん、よく食べるし、暑がりです。

 

許せないのが、その人の口癖が、「さすがに」だったことです。

 

いや、口癖が「さすがに」なのはいいですよ。

 

使い方が「さすがに汗かいたわ〜」とか言うんですよ。

 

それ聞いた私の心の中は、

 

「いや、お前デブやん!汗かくやん!だってデブだもの!」

 

と思ってしまいました。

 

心が狭いですね。

 

多分ですが相田みつをが聞いていたら

 

「汗かいたっていいじゃないか。ぽっちゃりだもの」

 

くらいに心の広さを見せていたと思います。

 

しかし、「さすがに」というのは、

  

沖縄県民でも、さすがに今回の台風は辛い」

 

のように、世間のイメージや評判、期待通りにいかないときに使うもの。

 

デブぽっちゃりが汗かくという完全なる予定調和にもかかわらず、さすがにを使うことが、さすがの私も許せない。

 

他にもこの人は、「さすがに腹減った」などという言葉を口にするという大罪を犯している。

 

これが、「さすがに食べきれない」ならわかりますよ。

 

「さすがに腹減った」は、ガリのみが口にしていいセリフや。

 

これから口にするのはライス大盛りだけにしろ。

 

なんてことは、1ミリも思っていないのでご安心を。笑

 

 

これとは別の話になりますが、許せない話が他にも一つあるんですよ。

 

旅行に行ったときなど、道を尋ねたいときのこと。

 

私はとても旅行好きなのですが、病気じゃないかと思うレベルで方向音痴なんですよ。

 

そんな私が、さすがに道に迷ってしまったとき。

 

手っ取り早く近くにいる人に尋ねようとしたら、無視されたりするんですよ。

 

いや、私もバカじゃないので、忙しそうな人にはもちろん声掛けず、スマホとか触ってる暇そうな人に。

 

それなのに、ナンパと勘違いしているのか、手であしらわれたりするのがまた腹立たしい。

 

あの現象なんなのでしょうか?

 

勘違いされないように言っておきますが、モデルのような美女にばかり声をかけているわけではないですよ。

 

だって、道を聞きたいだけなので。

 

むしろ綺麗な人より、中の中、もしくは中の下くらいの人に勘違いされることが多い。

 

私の見た目が悪いのでしょうか?

 

駅で田舎者が声を掛けているのにナンパ、、、

 

それはさすがに、人を見た目で判断しすぎじゃないでしょうか。

 

最後にこれだけは言わせてください。

 

 

「人を見かけで判断するな、このブス!」

 

 

See you...

 

あらお流、究極に簡単な一人鍋。

 

沖縄もついに、半袖、短パン、サンダルでは寒くなってきました。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

そんなわけで今日は、めちゃくちゃ簡単な鍋の作り方を書いていきたいと思います。

 

なんやかんや、ここ6年くらいは実家から離れて生活しているひとり暮らしもセミプロくらいの地位には立っている私ですが、未だに家事はめんどくさいです。

 

なんせ私は根っからのめんどくさがりで、まあまあなクズです。

 

包丁は人を刺すときにしか使ったことはありませんし、まな板なんてほぼ使った記憶はありません。

 

関係ないですが、女性はまな板でも全然いいと思います。

 

本当にまともに料理をしたことなくて、最初の2年間は毎食のように生姜焼きを食べていました。

 

たまに野菜を食べるときは、レタスをちぎって食べたりとか、カット野菜を食べていました。

 

正直、牛が草食べているので牛肉食べておけばいいと思うのですが、鍋に野菜はかかせません。

 

鍋をするなら、一種類の野菜だけでは寂しいし、かといって多く買っても消費しきれるかわからないし、なんせ面倒。

 

そんな悩みを解決できる天才鍋を紹介したいと思います。

 

準備するもの

・鍋キューブ(キムチ鍋)

・豚バラ

・キムチ

 

f:id:araowoarao:20181207235446j:plain

 

以上。

 

他にもお好みでうどんだったり豆腐だったり入れればいいと思いますが、最低限のものは上の3つです。

 

キムチって、キムチ鍋に最強なんですよ。

 

だって、いろんな野菜入ってるじゃないですか。

 

それに加えて、鍋の味を最初から持ってるんですよ。

 

魚が醤油とわさび身につけて泳いでるようなもんですよ。

 

…今わかりにくく説明しました。

 

言いたいことは、キムチ鍋にキムチを入れることで、味は深くなるし、野菜も食べれるし、完璧ってことなんですよ。

 

みなさんもぜひ、試してみてください。

 

この記事をみて、こいつかわいそうだなと思った方、いつでも募金はお待ちしております。

 

See you...

「そうだ 京都、行こう」について長々と語ってみようと思う。

 

最近は全然更新できていませんでしたが、少しずつ毎日見てくれる人がいるので嬉しい限りです。

 

やっとのことでトータルPVが1万に達しました。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

最近はですね、絶賛卒論に取り組んでいます。

 

ちなみにテーマは広告コピーについてなのですが、やっていて思うことは「やはり日本語は美しいな」と。

 

これは共感してもらえるかわかりませんが、綺麗なコトバに出会ったときって、鳥肌が立ったりするんですよ。

 

ウソっぽく聞こえるかもしれませんが、ホントなのです。

 

キャッチコピーでも歌詞でも漫才でも本の一節でも、綺麗な表現と出会ったときには小さな感動を覚えます。

 

キャラじゃないかもしれませんが、結構日本語が好きで、キャッチコピーの本も持っているし、前も書きましたが自作のキャッチコピーも40個ほど応募しました。

 

同じ言葉選びでも、ひらがな、カタカナ、漢字の使い方、句読点の位置、語順によっても伝わり方がまるで違ったりするのも面白いところです。

 

そうだ 京都、行こう。」というコピーはみなさんも聴き馴染みがあるかと思いますが、このコピーの奥深さといえばまるでマリアナ海溝

 

これは個人的な見解なのですが、「そうだ 京都へ行こう」ではダメなのです。

 

「あ、コンビニいこ。」の感覚で表現するにあたって、京都「へ」がつくと思いつきで行くという感覚が薄まってしまい、「京都へは手軽にいけますよ」というのを意図したコピーには不向きになってしまいます。

 

そして、これは「京都」だから成り立つものでもあるんですよ。

 

多くの人に馴染みがあり、日本の風情が残っており京都だからこそ、趣深いコピーになるのです。

 

「そうだ 東京、行こう」や、「そうだ 沖縄、行こう」ではしっくりきません。

恐らくですが、東京の場合は決心がいるため、「よし 東京、行こう」だったり、

沖縄の場合も「そうだな 沖縄、行くか」とかの方がしっくりくるかと思います。

 

さらに、京都の後ろの「、」が付くことにより一瞬の間ができ、京都についてイメージしている情景が浮かび上がってきます。

 

コンビニのように手軽に行けるが、思い出になる楽しい旅行に心を踊らせているという描写を「そうだ 京都、行こう」のみで表現しているこのコピーは、控えめに言って天才的です。

 

とまあ、長々と書きましたが、テキトーに書いたので忘れてもらって結構です。笑

 

というわけで、さっさと卒論も終わらそうと思います。

 

PS.

前、受けた会社はダメだったので、来年度はまだ未定です。汗

 

See you...

 

記念すべき100記事目!

 

この記事がとうとう、記念すべき100記事目になりました。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

なにをするにしても継続というのは難しく、読書や日記、整理整頓などの行動習慣は、習慣化するまでに1ヶ月かかると言われています。

 

筋トレや早寝早起きなど、身体に慣れが必要なものは、習慣化するまでに3ヶ月かかると言われています。

 

さらに、論理的思考やプラス思考などの思考的なものは、習慣化するまでに6ヶ月かかると言われています。

 

ブログを毎日更新するというのは、行動習慣に当てはまるため、1ヶ月で習慣化するとは言われていますが、とりあえず100日が続きました。

 

100日続いたとはいえ、やはり毎日更新するというのは難しく、なかなか大変な道のりでした。

 

書くのに平均1時間くらいかかるため、 予定が入りそうなときは前日に書き溜めたり、いつ用事が入ってもいいように前日のは書き終えたりと、先のことまである程度考えて書いたりしていました。

 

とりあえず、100という数字は、小学生のときは永遠を意味するかのような大きい数でしたが、その100という数字を達成できたことを嬉しく思います。

 

ブログを毎日書くことで、苦手だったタイピングも少しづつ早くなり、アウトプットすることで自分の思いみたいなものが少し見えてきたりと、いいこともたくさんありました。

 

最低1000字✕100記事ということで、10万を超える字をこれまでに書いてきたわけですが、これは、文庫本1冊に相当する字数です。笑

 

そんなわけで!

 

私あらおは!

 

本を!

 

出版!

 

する!

 

 

なんてことはありません。笑 

 

これまで続けてきた1000字以上を毎日更新するというものですが、100記事を節目にやめようと思っています。

 

というのも、毎日書くとなると張り切った記事が書けないし、1000字以上となると、本当にゆるい記事が書けないので。。。笑

 

そして何より、卒論も書かなければならないので。汗

 

不定期になりはしますが、このブログはこれからも更新していきたいと思うので、はてなブログアカウントをお持ちの方は読者登録もお願いします。笑

 

これまで毎日書いてこれたのは、読んでくれる人がいたり、コメントしてくれる人がいたからです。

 

本当にありがとうございます。

 

1日に100人前後の人が毎日みてくれて、読者登録も100人以上の方にしてもらって、嬉しい限りです。

 

毎日更新はこれで終わりになりますが、できるだけ更新していきたいと思うので、これからもよろしくお願いします。

 

See you...

 

世界一周でやり残したこと。〜体験編〜

 

昨日、世界一周でやり残したことを書いてから、もう一度行きたくて仕方がなくなった。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

昨日に引き続き今日も、世界一周でやり残したことを書いていこうと思いますが、今日は少しディープな、もしかすると理解しがたいもの中心です。

 

いつかもう一度旅したいと思っているのですが、今日紹介するやつは本気でやりたいと思っているやつです。

 

ブラジル弓場牧場

f:id:araowoarao:20181114000640j:plain

引用:https://www.add7.net

ブラジルにある弓場牧場は、自給自足のような体験をすることができます。

 

生活のほぼすべてを自分たちの手製でまかなっており、そのコミュニティ内にのみで生活することが可能になっているとのこと。

 

1日からでも参加できますが、数ヶ月いても物足りないと感じる人も多いとか。

 

将来、半自給自足に憧れているため、どうしても生活してみたい場所です。

 

 

アマゾン川下り

これは2つやりたいことがあって、1つ目は、船。

 

地元民が利用する船で、寝るのはハンモック。

 

現地の人と大広間で共同生活ができる中々ない経験です。

 

最近ナスDがやっていたので、知っている方も多いかもしれませんね。

 

もう一つは、自作のイカダで川下り。

f:id:araowoarao:20181113004243j:plain

引用:https://kuwamo.com

 自分たちでイカダを作り、その作ったイカダでアマゾン川を下る。

 

なんとも言えないほど冒険心をくすぐられますね。

 

 

 バイクでヒマラヤツーリング

f:id:araowoarao:20181113233050j:plain

引用:https://www.biketour.jp

これにはかなりの問題があって、免許がない。笑

 

インドのレーという地域に、パンゴンツォというめちゃクソ綺麗な湖があるのですが、どうしてもそこに行きたいのです。

 

そして標高5000mをツーリングするなんて、夢すぎやしませんか?

 

とりあえず、免許取らねば。笑

 

 

モンゴル、ゲルホームステイ

f:id:araowoarao:20181113011310j:plain

引用:http://kaiganfu.seesaa.net

 モンゴルの遊牧民族の生活を経験できるというホームステイ。

 

電気も水も水道もないなかで数日間生活をおくることができます。

 

遊牧民族の暮らしをそのまま味わえるなんて、最高すぎる。。。

 

 

登山

やりたかったのは、EBC(エベレストベースキャンプ)と呼ばれる標高5000mくらいに登るトレッキング。

f:id:araowoarao:20181113011832j:plain

引用:http://encounterwith.com

標高が一番高いエベレストが、最後までオレンジ色の夕陽に照らされる。

 

美しい。

 

美しすぎる。

 

世界一周を終えた人でも、EBCが一番良かったと絶賛するほど。

 

もちろん、道中ずっと絶景とのこと。

 

他にも、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロにも登ってみたい。

 

標高は6000m弱だが、1週間ほどかけて登る。

 

物凄い達成感を味わえるらしい。

 

 

スペイン、カミーノ巡礼

f:id:araowoarao:20181113232837j:plain

引用:http://sekai.best-travel.jp

スペインの、キリスト教聖地巡礼

 

簡単にいうと、100〜800キロを歩いてサンティアゴ大聖堂を目指すというもの。

 

世界中の人びとが参加するため、交流も深くできる。

 

自分と向き合いながら歩き、スペイン料理とワインを大自然とともに嗜みながら毎日を過ごす。

 

800キロ歩いたときの達成感と、その道中で得られる経験は、カミーノでしか得られないのではないかと思う。

 

 

アフリカ縦断

シンプルに、もっとアフリカを周りたい。笑

 

ビクトリア・フォールズ

f:id:araowoarao:20181113013228j:plain

引用:http://eedu.jp/blog/

ナミブ砂漠のデッドフレイ

f:id:araowoarao:20181113013341j:plain

引用:http://sekainodokokade.com

など、行きのこしたところがたくさんある。

そしてなにより、「アフリカ縦断した」って言いたい。笑

 

 

インドで瞑想修行

f:id:araowoarao:20181113233316j:plain

引用:https://tabippo.net/

日本にもありますが、インドでもヴィパッサナー瞑想の修行があります。

 

この修行中の10日間は、外界とのコミュニケーションを一切遮断され、携帯はもちろん本も読めず、講義の時に先生の話を聞く以外は、人と話すことも目を合わすことも許されません。

 

修行中は何をするかというと1時間ほどの講義、10時間ほどの瞑想とのこと。

 

21時に就寝し、4時に起床、食事以外はほぼ瞑想の時間です。

 

瞑想というとスピリチュアルのような聞こえですが、リラックス効果、ストレス緩和、集中力アップなどが様々なメリットがあり、スティーブ・ジョブズビル・ゲイツイチローなども習慣にしているとのこと。

 

実際に行った人は、最初はめちゃくちゃきつかったけど本当に行ってよかったという人が多く、10日間自分と対話する時間を取れたことがよかったようです。

 

悟りをひらけるともひらきたいとも思いませんが、参加してみたいものです。

 

毎日ではありませんが、瞑想をしたりしますが、本当にスッキリします。

 

これから習慣化していきたいと思います。

 

 

キャンピングカーでアメリカ横断

f:id:araowoarao:20181113233623j:plain

引用:https://www.tabisen.com

何かと見どころが多いアメリカ。

 

行きにくいところが多く、どうしても周りにくい。

 

爆音で音楽でも流しながら、どこまでも続くルート66を走り抜けたい。

 

BBQしたり、コーヒーブレイクでもしながら、自由気ままにアメリカを周りたい。
 

そんなわけで、卒業旅行はアメリカ横断したいと思っています。

 

どなたか、一緒に行きませんか?

 

See you...

世界一周でやり残したこと。

 

まだまだ行きたい場所がたくさんある。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

今回は、世界一周でやり残したことについて書いていこうと思います。

 

一応、南極を除く全大陸に行ったとはいえ、期間は約10ヶ月、国数は約30カ国と、まだまだ足りていないというのが本当の所です。

 

そんなわけで、もしも時間とお金があったらやりたかったことを書いていきます。

 

パタゴニアに行きたかった

チリとアルゼンチンにまたがるパタゴニア

 

その自然のスケールは圧巻で、アウトドアブランドメーカー「パタゴニア」の由来になったほど。

 

f:id:araowoarao:20181112205020j:plain

 

数時間のトレッキングのあとに、氷河の氷を使ってウイスキーのロックを飲むという至福の時間を味わいたかった。

f:id:araowoarao:20181112205400j:plain

引用:https://yuuma7.com

他にもフィッツロイやマーブル・カテドラルなど、見どころはたくさんあります。

f:id:araowoarao:20181112205304j:plain

 

南極に行きたかった

f:id:araowoarao:20181112210114j:plain

知らない方も多いかもしれませんが、アルゼンチンの最南端の町ウシュアイアから南極へいくツアーがあります。

 

ただ、金額が問題でして、安くて100万円ほど。。。

 

キャンセル待ちやらで奇跡的に安くなったとしても50万円。。。

 

とてもいける金額ではありませんでした。

 

昔はもっと安かったらしいのですが、現在はお金持ちの娯楽になってしまったらしく、一般人には中々手が届かない値段になってしまいました。

 

世界中でダイビングしたかった

一応40mまで潜れるダイビングの資格を持ってはいるのですが、なんだかんだお金がかかるということで、ダイビングはあまりできませんでした。

 

光のカーテンと呼ばれるメキシコのセノーテや

f:id:araowoarao:20181112210748j:plain

 

オーストラリアにあるグレート・バリア・リーフなど

f:id:araowoarao:20181112210849j:plain

 

世界有数のダイビングスポットで潜ればよかったと思います。

 

タイのタオ島ベリーズのブルーホール、メキシコのコスメル島、ケイマン諸島など、潜りたい海は山ほどあります。

 

ガラパゴス諸島に行きたかった

f:id:araowoarao:20181112211315j:plain

ガラパゴスゾウガメ、ガラパゴスアシカなど、独自の進化を遂げた動物の宝庫であるガラパゴス諸島

 

「進化のショーケース」や「生きた博物館」などの異名を持つほど。

 

ダーウィンの進化論を、目の当たりにしたかった。

 

ベネズエラに行きたかった

南米にあるベネズエラもまた、自然の宝庫。

 

地球最後の秘境と呼ばれるギアナ高地テーブルマウンテン

f:id:araowoarao:20181112212140j:plain

引用:http://blog.livedoor.jp

 

音のない雷の発生地域、マラカイボ。

 

15世紀〜17世紀の船乗りたちは、この雷を灯台の代わりにしていたことから、マラカイボの灯台の異名をもつ。

 

 
カタトゥンボの雷

カタトゥンボの雷(カタトゥンボのかみなり、スペイン語Relámpago del Catatumbo)とは、ベネズエラマラカイボ湖に注ぐカタトゥンボ川の河口上空でのみ見られる気象現象である[1]。ヨーロッパでも大航海時代から存在が知られており、マラカイボの灯台とも呼ばれていた。この現象は世界最大規模の単一の対流オゾン源とされている。

稲妻は上空5キロメートル以上で発生し、年に140〜160夜、1晩10時間にわたり、1時間あたり約280回発光する。特にカタトゥンボ川河口周辺の湖沼地帯でよく発生する。

干ばつの影響とされるが、2010年1月から4月にかけて現象が止んだことがある。

引用:https://ja.wikipedia.org

 

1時間に3600本もの稲妻が走った記録もある。

f:id:araowoarao:20181112212415j:plain

引用:https://edmm.jp


ただ、ベネズエラは情勢が不安定すぎて今は時期ではないのかもしれない。

 

細かいところを言えば、まだまだやりたかったことはたくさんありますが、今回書いたのは、みんながある程度共感できるようなもの。

 

次回は、やや共感しがたいことかもしれませんが、次回の方が本気度高めです。笑

 

そんなわけで、次回をお楽しみに!

 

See you...