あらおの、あらおによる、あらおのためのブログ

このブログは、あなたのためでもなければ、お世話になった恩師のためでもなく、はたまた両親のためでもない、ただの自己満足となっております。

もしも、願いが叶うなら。

 

就活が進まない大学4年生。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

今日は、「もしも」の話をしようと思います。

 

もしも、瞬間移動が使えたら。

 

もしも、不老不死になったら。

 

もしも、宝くじが当たったら。

 

もしも、タイムマシンがあったら。

 

そんなことを考えても、キリがありません。

 

言ってしまえば、時間の無駄です。

 

「そんなことを考えている暇があるなら、現実をみて仕事でもしろ」

 

という人もいるかもしれません。

 

そんな社畜みたいな意見を持っている人が、もしもこのブログを読んでいるなら物申したい。

 

「こんなブログを読んでいる時点で、時間の無駄ですよ。」と。

 

寿命が伸び、何歳まで働かなければならないのかも定かではないこの現代社会で、少しくらい休んでみるのもいいと思うのです。

 

夢をみるって素晴らしいもので、自分の想像の範囲で何をしてもいいんですよ。

 

それだけで、幸せな気持ちになります。

 

というわけで、心の中で自由に考えてみました。

 

なにが起こるのかわからないこの世の中、目の前でドラゴンボールが7個揃って神龍が出てくる可能性もゼロとは言い切れないので。

 

あっ、これは念の為ですが、ナメック星でドラゴンボールが揃ったときのために覚えておいて下さい。 

 

「いでよ神龍」はナメック語で「タッカラプトポッポルンガプピリットパロ」ですよ。

 

みなさんも、これを機に想像してみてください。

 

想像するのは自由なので、お好きなように。

 

 

f:id:araowoarao:20180809231845j:plain

 

もしも、瞬間移動が使えたら

 

考えるだけで、よだれが出てきそうなほど美味しい話ですよね。

 

だって想像してみてください。

 

仕事が始まるギリギリまで眠れるんですよ!

 

こんな素晴らしい話ないですね。

 

出退勤のストレスフリーですよ。

 

こんな理想的なことを、自由に想像していいのです。

 

もしも、不老不死になったら

 

これに関しては、日本人で良かったなとつくづく思いますね。

 

だって、冷静に考えてみてください。

 

日本って、「年功序列制度」と「終身雇用制度」を採用しているんですよ?

不老不死になって永遠に働き続けたら、賃金は上がり続けるのに死なない。

 

一生安定した生活が保証されます。

 

定年退職の期限がいくつまで伸びるかもわからない現代に、最適です。

 

最適を超えて、もはや最&適ですね。

 

もしも、宝くじが当たったら

 

正直、これに関してはあんまり夢がないですね。

 

いや、みなさんの言いたいことはわかりますよ?

 

ヨーロッパ旅行したいとか、ラスベガスで豪遊したいとか、憧れのマイホーム建てたいとか。

 

でもね、考えてみて下さい。

 

仕事の休みとれますか?

 

無理でしょう。

 

憧れのマイホーム?

 

転勤なったらどうするんですか?

 

そう考えると、宝くじで100億円当たってもなんの価値もないんですよ。

 

まあでも、仕事前にレッドブルを毎日買うとか、仕事の疲れを癒やすためにマッサージや温泉に行くとか、お金を気にせずにそういうことができるって考えるといいですね。

 

もしも、タイムマシンがあったら

 

これに関しては、そうですねえ。

 

就活やり直しますかね。

 

See you...