あらおの、あらおによる、あらおのためのブログ

このブログは、あなたのためでもなければ、お世話になった恩師のためでもなく、はたまた両親のためでもない、ただの自己満足となっております。

最強に過酷だったオーストラリアでのロードトリップ

 

エコノミークラス症候群にならないか本気で心配したことを、何度もある。

 

みなさんこんにちは、あらおです。

 

今回は、オーストラリアでのロードトリップのことについて書こうと思います。

 

f:id:araowoarao:20180823005959j:plain

 

これからオーストラリアでロードトリップする予定のある方も、ない方もこの先の人生ですることになるかもしれないので読んでいって下さい。

 

このくだり何回目かな。笑

 

あ、私、4ヶ月という短い期間ですがオーストラリアにワーキングホリデーに行ってたんですよ。

 

そのことについてはまた今度書きたいと思います。

 

とりあえず一つだけ言えることは、オーストラリアに長期間滞在予定でファームジョブをするつもりなら、はじめに車を買うことをおすすめします。

 

このことについてもまた今度書きますね。笑

 

そんなことはどうでもいいのですが、今回はオーストラリアでロードトリップした時のことについて書きたいと思います。

 

ロードトリップは、ラウンドトリップとも言ったりしますが、簡単にいうと車で色んなところ旅するみたいな感じです。

 

それを、出費を最小限にしたい貧乏人3人組がやった時の話です。

 

まず、車がなかったため、レンタカーを借りました。

 

免許はというと、日本で国際免許証というのを発行してからいきました。

 

これまた今度書きますね。笑

 

あと、レンタカーを借りる時の注意点だったりも、また今度書きます。

 

今日の文章、めちゃくちゃや。汗

 

やっと、本題に入ります。

 

f:id:araowoarao:20180823010044j:plain

 

過酷さの理由

 

移動距離問題

 

時間の都合と、結構砂漠地帯走ることが多いので、1日に1000km移動する日なんて、普通にありました。笑

 

だいたい2週間の旅だったのですが、最終的な走行距離は約8000kmでした。

 

移動しない日もあったので、1日1000kmとかは普通に走っていたと思います。

 

f:id:araowoarao:20180823005907j:plain

 

寝床問題

 

乗用車界最小サイズくらいの車で移動していたのですが、やはり宿泊費は抑えたい。

 

そんなわけで、男3人で車中泊していました。

 

一人は運転席で、一人は助手席で、もう一人は後ろのシートで寝るという布陣。

 

たまに脚を伸ばして寝れる日があると、それはそれは幸せな日でした。笑

 

食事問題

 

まずね、オーストラリア外食が高いのよ。

 

なので、外食は却下。

 

しかし、冷蔵庫も調理器具もないため料理できない。

 

というわけで、私達が出した結論は、食パンとツナ缶。

 

唯一の救いは、チリやレモン、バジルなど色んな種類のツナ缶があること。

 

朝昼晩、この違う種類を食べるという生活をしていました。笑

 

なかでもオススメはコーンマヨ。

 

いい感じに脂が含まれているので、食パンに水分を取られません。笑

 

食パンで炭水化物、ツナ缶でタンパク質や脂質を取り入れているので残りはビタミン。

 

毎日100%のフルーツジュースを飲んでいました。笑

 

オーストラリアは公園でBBQみたいなことができるようになっているのですが、そのときに食べる肉は絶品でした。

 

そして、オーストラリアにはキャラバンパークというキャンプ場みたいな施設も無数にあります。

 

ある日そこに泊まった際、オーストラリアの激安袋ラーメンを食べました。

 

空腹は最高の調味料といいますが、丸一日何も食べていない状態で食べる一袋20円ほどの袋ラーメン。

 

人生で一番クソまずかったのを今でも鮮明に覚えています。

 

汁捨てて気力で食べました。

 

友達の二人のうち一人なんて、その空腹状態で残しましたからね。笑

 

f:id:araowoarao:20180823005938j:plain

 

そんな過酷な貧乏旅でしたが、とてつもなく楽しかったです!

 

機嫌が悪くなったり、いじけてたりすると残りの二人にからかわれるため、そんな劣悪な環境でも喧嘩にならないどころか、変な雰囲気にすらなりませんでした。

 

以上、若さの偉大さでした。

 

See you...